腐れ縁だった 思考や感情との縁の切り方 - この道の果てまで・・・

今 私の内面は

晴れ渡っていて爽やかな

風が流れています。

あなたの内面も

本当は同じ状態なのです。

ただ あなたが

見てしまっている内面の

深さが違うだけなのです。

あなたの中にも

私と全く変わらない

晴れ渡っていて爽やかな

風が静かに流れている場所が

ちゃんと在ります。

ただ

まだ今の

あなたには

それが見えていない

だけなのです。

あなたが

見てしまっているのは

気を取られてしまっているのは

多分 あなたの中の思考や感情の

動きの方です。

思考や感情は

相手にしないで

放って置けば勝手に

治まってくれるので

それらは何も無いのも

同じなのです。

思考や

感情に依って

私の内面が支配されて

しまう様な事など全くと

言って良い程 本当は有り得ない

事なのです。

思考や

感情のままに

自分が動いてしまい

更に思考や感情の存在を

強めてしまう事など私には

全くと言って良い程

起きない事なのです。

それが

何故あなたに

起きてしまって

いるのかと言うと

理由は

とても簡単です。

あなたが

思考や感情に

魅入ってしまって

生きて来たからです。

あなたが

思考や感情に

魅入ったりしない限り

思考や感情は

あなたが放って置けば

勝手に蒸発して無くなって

しまうものなのです。

その特性を

理解するだけで

あなたは思考や感情の

次元で生きる事から簡単に

卒業する事が出来ます。

思考や感情は

晴れ渡った空に

浮かぶ雲の様なものです。

晴れ渡った空の方が あなたで

雲が思考や感情です。

雲は勝手に

現れては勝手に

消えて行きます。

来ては

去って行くもの

でしか無いのです。

放って置けば

あなたは思考や感情に

振り回されずに済みます。

ずっと その場に

居座り続けられる雲など

無いのです。

あなたが

雲を見てしまい

その雲と共に行動を

起こしてしまうと

あたかも

雲が その場に

居座り続けているかの様に

思えてしまうだけなのです。

あなたが勝手に

雲の動きをしてしまったから

あたかも その場に雲が居座り続けて

いるかの様に見えているだけなのです。

最初に見えた雲は

もう とっくに去って

しまっています。

後は

あなたの中に

見えてしまっている

雲と共に動かない事です。

あなたの中に

見えている雲にも

同じ事が言えますから

放って置いて魅入らない

事です。

それだけで

あなたの中の

雲も外側に訪れた

雲と同じ様に勝手に

消え去って行きます。

すると

そこには

晴れ渡った爽やかで

静かな風が流れる空間が

見えて来ます。

それは

何も見えていないのに

満たされていて とても

穏やかで爽やかな場所なのです。

そのままならば

何の問題も無いのですが

そこに

あなたが問題を

起こしてしまいます。

あなたは

ずっと長い間に渡り

思考や感情を利用し

思考や感情を使って

来ていたのです。

あなたが

何かをする時には

必ずと言って良い程

あなたの中に湧き上がって来た

思考や感情に基づいて物事を

して来ていたのです。

だから

あなたが

思考や感情を

放って置くと言う事を

したならば あなたは一体

何に基づいて自分が動けば

良いのかが解らなく成って

しまうのです。

そして

思考や感情に

再び あなたは

魅入ってしまい再び

思考や感情を あなたの中に

根付かせてしまうのです。

だから

せっかく

あなたが何も無い

あなたの中の晴れ渡った

爽やかな空間に出逢う事が

出来たとしても それは風前の

灯なのです。

あなたが

その場所を自分から

放棄してしまうのです。

それも

あなたが

何かをする度にです。

長年の癖で

思考や感情に魅入り

その思考や感情と共に

動く事が あなたの物事を

する仕組みに成っているからです。

それらまでもを

放棄してしまう事が

出来るか どうかなのです。

それらを

放棄してしまったならば

本当に あなたの中には

何も有りません。思考や感情から

足を洗い手を切る事が出来ます。

それこそ

思考や感情を

放って置く事が出来ます。

思考や感情を

放って置くと勝手に

思考や感情は来ては去って

行ってしまいます。

あなたが関与する事が

無くなれば無く成るほど

思考や感情が来ては去って行く

件数が減ります。全く思考や感情が

訪れない事ですら何時間もの間も

有ります。

そして

あなたの中には

晴れ渡った爽やかで

静かな風が流れて行く様な

満たされ切った 何も無い

空間だけが在ります。

物事をする時には

その何も無い空間が勝手に

あなたを助けてくれますから

あなたは何も無い どうして良いのかも

解らないままの 何も解っていない

あなたのままで物事の中へと入って

行けば良いだけなのです。

そして

その物事の中で

静かにしていると

あなたの中の更に深い

場所の方から こうしてみたいと

言った感じが浮かび上がって

来てしまいます。

それは思考や

感情程 浅い場所からでは無く

もっと深い あなたの存在の根源の方から

感じられて来てしまいます。

あなたの

おへその下辺りから

感じられて来てしまいます。

それが

感じ出して

来てくれるまで

あなたは静かなままで

待っていて上げれば良い

だけなのです。

それが

真新しい

存在と成って

生きる時の物事の

やり方です。

それに依って

長い間に渡り あなたが

物事を やる際の癖だった

やり方の思考や感情と縁を切り

二度と使わずに済む様に成れて

しまう歩みなのです。

あなたの

心の見つめ方の

手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方

絶望から あなたを救い出し

生きる上での大きなヒントを与える

http://ningen-monogatari.com/sub15.html

大切な人と

大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 

人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」

http://人間物語.com/