歌舞伎と、100の劇団の、段差の話でが。

歌舞伎と、

100の劇団の段差の話ですが。

あれは、

自然に、できたものではないですよ、

その時に、

白紙委任状か、

何かがあっているということでしょう。

ですから、

武田秀則さんが、

紅あきらさんでしたら、

うちの家に、来て、

いろんなことを、

話すということが、必要になりますよ。